本・CD・DVD/Blu-ray・ゲーム・ホビー・フィギュア・アニメグッズ・同人誌の買取ならhobby man!ネットで簡単!宅配買取サービス専門店

買取申込はこちらから

2018年にリリース予定!精神をすり減らす純粋な地獄『Agony』2017/11/09

 

 

◆地獄そのものを描いた作品

「死んだらどうなる」という疑問は人間だれしも考えるものですが、具体的に地獄をイメージする機会は少ないものです。

むしろ「まあ地獄でも何とかやっていけるんでは」と考えるかたもいらっしゃるでしょう。そんな希薄してしまった地獄のイメージを強烈に植えつけてくれるであろう作品が『Agony』となります。

本作をプレイしたら「あわわわ…」と呟き震えながら善行を積むことになるでしょう。

なお本作のゲームジャンルはFPS視点のホラーゲームとなります。

 

◆不浄な世界

『Agony』の世界は薄暗く血の色で全体がほんのりコーティングされています。そしてどこを見渡しても死体や死体を見ることになるでしょう。それから奇妙な肉塊、拷問器具、人体のパーツで作ったオブジェなどがそこかしこにあるのです。周囲を取り囲む壁も、骨で作られた格子、濡れた肉で作られた壁、真紅に染まったおぞましい肉塊といったもので構成されています。

また単調な表現に終わらないのも本作の魅力です。

死体の山を抜けたら今度は骨の山、奥には奇怪な鳴き声を発する頭部がパックリわれた女性型の悪魔、頭がどうにかなりそうなグロテスク表現のオンパレードがプレイヤーの脳内を攻め立ててきます。

不敬、不浄、不潔といった3Kならぬ3Fが揃った本作の世界はプレイヤーの精神をすりおろしてくれるでしょう。やっとキツい場所を逃れたと思ったらまた目の前にとんでもない光景が広がります。

正にこれこそ地獄といった世界なのです。

 

 

◆赤い女神に会うために

主人公は記憶の無い殉教者で、地獄の奥深くで目を覚まします。

探索を続けるうち、この地獄から脱出するためには1つしか方法がないという事に気付くでしょう。そしてそのためにはRed Goddess(赤い女神)に出会う必要があるのです。

 

◆公式掲示板での前評判

Steamの『Agony』公式掲示板では海外の方によるメッセージが色々と掲載されています。発売前なのに盛り上がっているスレッドから一部を見てみましょう。

「このゲームは買わないでください。サブリミナルメッセージだらけです。もしあなたがキリスト教徒で神を信じるなら絶対プレイしないでください。

音楽やグラフィックはあなたに悪夢をもたらすでしょう。この作品から離れなさい!」

「私達家族はキリスト教徒なのですが、このゲームで遊んだら私の魂が失われるかどうか試してみたいです」

なお返信としては「なーに言ってんの」とか「でも悪夢を味わいたいんだよ」それから「いやいやそもそもディズニーとかワーナー、MTVとかの主要メディアの方がサブリミナルなことしててな…」という謎の陰謀めいた話も出ている状況です。

また、ゲームの説明タグには「ホラー」「ヌード」「ゴア」「サイケ」「精神的恐怖」とそうそうたるワードが並べられています。

 

◆リリース予定日は2018年3月30日!

本作は当初2017年中期に発売される予定だったのですが、何度か延期しています。

そして2017年10月6日にほぼ確定的なリリース予定日として2018年3月30日となることが発表されました。

地獄の中で血と肉に塗れながら悪夢を見たい方は楽しみにして続報を待ちましょう。

 

 

中古ゲーム、レトロゲームを売るならhobby man。
ホビーマンは中古ゲーム、レトロゲームの買取をしています。

 

買取申込はこちら